バナー

冠婚葬祭の一つ、樹木葬とは何か

冠婚葬祭である樹木葬は自然葬の一つであり、自然に還す事を意識して作られた葬式方法となっています。

冠婚葬祭を行なう人の要望もあり、樹木葬と言うものは誕生しましたが、冠婚葬祭においてこれを利用する人の割合も多くなって来ているのが現状であり、一般的な墓石ではなく樹木を墓代わりにしたものです。樹林墓地とも呼ばれる樹木葬は冠婚葬祭でも人気となって来ているもので、費用も一般的に掛かる250万円よりも安く行なえるため、故人の想いがあれば執り行なう事が可能です。



樹木葬は適当に墓代わりにするものではなく、きちんと許可を得た場所で行なうものなので、新しい苗木を植えたり、墓地のシンボルとなるための木を植える事もあります。


又、この周辺に遺骨を埋葬すると言うケースもあり、行なう形式によって様々な事も特徴です。

現在では樹木葬におけるトラブルなどを解決するための専門家やこれを説明する公式サイトなどもあり、葬式前の不安な人達の心を癒しています。
加えて、誰が霊園を管理しているのか、埋葬方法や方式などを確認しておく事がトラブルにならないコツとして紹介されています。購入の流れとしては、行なっている霊園を探す事から始まり、見学、申し込み、使用認可証の発行と言う形になっています。

毎日新聞を知ろうと思っている人にお勧めの情報をお届けします。

この流れは一般的な流れなので、葬式の方法として考えている人は必見です。



この葬式には年間の管理料金などが不要な墓地、霊園もあるので、管理に不安がある人も向いている方法です。