バナー

冠婚葬祭の変化に伴う永代供養墓の利点と注意点

多くの人が就職を期に親元を離れます。

現代においては、仕事の多様化などにより、お盆や正月に親元に帰省できない人が増えたことで、定期的なお墓参りが難しくなりました。


これにより、お寺が永代にわたり供養をしてくれる永代供養墓が誕生しました。


永代に渡って供養してくれるので、家族の形が変化し、核家族化が進んだ現代において人気です。

核家族化の進行により、冠婚葬祭の規模や方法が変化したことで永代供養墓も知られるようになり、子供を持たない夫婦や未婚の人が将来のことを考えて選択することが多いです。

あなたにぴったりのwikipediaの評判が高いです。

永代供養墓は先祖代々の墓に納骨するのではなく、他者と一緒に納骨されるので、合祀墓や合同墓とも呼ばれ、費用が抑えられるところに特徴があります。



30万円ほどが相場で、1度費用を支払ってしまえば、追加料金が必要ない場合が多いです。



この方式で冠婚葬祭費用が抑えられます。

また冠婚葬祭の面だけでなく、お墓を設置する土地の不足などの面から永代供養墓は注目されています。

合同墓には納骨棚の上に仏像を作る方法など様々なものがあり、形式によって費用が異なったり、お寺によって形式が指定されることがあります。

合同墓は時代のニーズに合った便利なものですが、利用には条件があったり、供養や管理の方法がお寺によって異なるので、事前に住職とよく話し合うことで、トラブルを事前に防ぎ、契約内容を書面で保存しておくことで、トラブルが起きたときに解決しやすくなります。