バナー

日本で行われる自然葬は、主に散骨と樹木葬です

日常生活では宗教色の薄い日本人だが、葬儀の際には宗教の慣習に従い故人を手厚く弔って来たが、現代では宗教自体に傾倒する人も少なくなり、葬儀や葬送方法の形が大きく変わって来ています。

自然葬は、日本古来からある葬送方法ですが、現代では新しい葬送方法なので誤解を受けたり、法律上の問題をクリアする必要があります。


一般的な葬送方法は、火葬後に霊園や墓地の区画に墓石を配置して埋葬していましたが、自然回帰思想や海外ドラマの影響、少子高齢化、墓地用地の不足など多種多様な問題により、海洋葬などの散骨や樹木葬などの自然葬が1990年代から徐々に増加しています。



しかし、日本国内の自然葬である樹木葬は、1999年に岩手県南部の一関市で開始したばかりで、地主や近隣住民の認識不足や理解が得られない為に全国的に樹木葬用地が墓地と同様に不足しています。

その為、故人一人一人に木の苗を植樹するのでは無く、樹木葬用地中央にシンボルツリーを植樹して、その周りに複数の故人を埋葬する自然葬が増えています。



従来の埋葬方法でも同様に、共同の供養塔や納骨堂などに複数の故人の遺骨を収納する形の葬送方法が増えていますが、遺骨の取り出しや遺骨が混ざるなどの問題点もあります。

散骨は、現在も刑法に抵触する行為ですが、法務省が黙認するコメントを出している事もあり世間的にも認知や容認されています。
しかし、散骨を規制する条例を可決している市町村も多く、まだまだ世間から誤解を受けるケースが多いので専門業者に相談するべきです。

他種類に及ぶNAVERまとめの人気が上昇しています。